(有)内山新聞店 恵庭市島松本町1丁目12-5 フリーダイヤル 0120-104-732

contop
Topics - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
 
2008/05/10  (5:39 pm)
カテゴリ: 地域情報 : 
執筆者: admin (5:39 pm)
住宅街にある隠れ家的なパン屋さん。
2人も入ればいっぱいのかわいらしい店内には、機械を使わず一つひとつ丁寧に手作りされたパンが並んでいます。
 

  
大手メーカーのパン職人として、20年に渡り腕を磨いてきたオーナーの佐藤栄一さん。
自分が理想とするパンを焼くために、2年前、自宅の一部を改装し店舗をオープンしました。
「お客さんに安心して美味しく食べてもらいたい」と研究を重ね、厳選した原料を使い、乳化剤は不使用。食品添加物にはなるべく頼らない製法で作成。
気さくでユニークな人柄ながら、パンに対する情熱には気迫を感じます。
 
人気ナンバー1 は食パン。オーバーナイト製法(低温長時間発酵)で作るため、耳までふんわり柔らかく噛むほどに甘みが感じられ、お客さんに大好評。クラッセならではの味をどうぞ。
 

 
るーと36 4月17日号より 抜粋
 
2008/04/03  (7:42 am)
カテゴリ: 地域情報 : 
執筆者: admin (7:42 am)

JR島松駅前に地元産の島松軟石を使った石造りの建物がある。
なんとも歴史的な雰囲気があって威風堂々としているので、ちょっと興味があって覗いてみた。
 
現在は文化話動が催される場になっているとのことで、市民が自由に集い、交流できるコンサートや舞台芸術、展示館として様々な活動の場として再生されている。
 
この建物は元々、昭和12年に建築された島松商業組合の・商品保管倉庫として利用されていたが、昭和27年からは、恵庭村農業協同組合が米の貯蔵庫として引き継いだ。
 
その平成4年に老朽化等により引退することになった。
 
この歴史的建造物を保存し、恵庭の文化をはぐくみ、次代に引き継ごうとする人々の願いが叶い、平成10年に恵庭文化村協議会が発足、翌平成11年に「夢創館」として再生されたものである。
 
(写真・文 甲山 誠一)
 
るーと36 3月27日発行号より抜粋
News : 
 
2008/03/07  (2:09 pm)
カテゴリ: News : 
執筆者: staff (2:09 pm)
3月は道新の休刊日はございません。
News : 
 
2008/02/27  (5:03 pm)
カテゴリ: News : 
執筆者: staff (5:03 pm)
内山新聞店のホームページへようこそ!
これからも宜しくお願いします。

ちなみに下の写真はぶんちゃん雪だるまです。
News : 
 
2008/02/08  (6:24 pm)
カテゴリ: News : 
執筆者: staff (6:24 pm)
今月は12日朝刊がお休みです。

« 1 ... 7 8 9 (10)

conbtm